iPod touchをiPhoneみたいに使うときオゥフとなる違いと、その乗り越え方

ずっとスマホでネットに繋がってる状態って精神的に健康じゃないし、スマホの回線って契約しなくてもそんな困らないんじゃないか?と思ったので解約して、iPhoneをWi-Fiだけで使っていたが実際そんなに困らなかった。

今はY-mobileの電話とSMSだけ使えるガラケー端末と二台持ちしている。若干の本末転倒感が否めないが、本来の目的はオフラインな時間を作ることなので断じて問題はない。

ただ、数年前のiPhone 5だったのでボタンやバッテリーにガタが来てたのと、仕事で使う写真をいいカメラで撮りたいと思ったので、中古でiPod touch(第6世代)を買った。

iPhoneを買うより格段に安上がりだし、最新のiPod touchの性能はiPhone6に劣らない。しかもどんなiPhoneより薄い。じゃあ回線いらないならiPod touchでいいじゃん!と思って買ったのだが、薄いだけあって微妙にiPhoneにはある機能が無かったりして、そういうのを見つけるたびにオゥフとなる。

これからiPhoneを卒業してiPod touch生活を送ろうとしている君たちのために、iPhoneにあってiPod touchにはない機能をリストアップしておく。この違いを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれだが、個人的にはこれだけの違いで月額無料で(ほぼ)最新のスマホ(のようなもの)が使えるなら安いもんだと思う。

iPod touchはiPhoneより薄く、軽く、美しい

まずその前に声を大にして言いたいのがこれだ。この事実に世界は早く気づくべきだと思う。世の中にはiPod touchのことを「iPhoneみたいなオモチャ」とか「電話にも音楽プレイヤーにもなりきれなかった哀れな存在」のように見る向きもあるが、そんなことはない。「電話でも音楽プレイヤーにも甘んじない、より洗練された純粋なiOS端末」と捉えるべきだろう。

実物を手にとってみればわかるが、どんなiPhoneよりiPod touchの方が薄く軽い。サイズもiPhone SEと同じで個人的にはちょうどいい。そして電話ではないので、余計なパーツ(SIMカード?っていうの?を入れるとこ?)もなく見た目はよりシンプルで美しい。表面なんかはインカメラと画面とホームボタンしかない。左右対称だ。

これを踏まえた上で、以下のiPhoneとiPod touchの違いは「何が足りないか」ではなく「何を削ぎ落としたか」と捉えてほしい。あとあれだ。オシャレは我慢だ。

バイブレーション機能がない

これは購入するまで気づきにくいところだし、僕は購入してからもしばらく気づかなかった。音を出さずにぶるっと震えて通知してくれるバイブレーション機能がない。音を出すか、全くのサイレントかの2択である。

しかし、考えてみればバイブレーションほど余計なものはない。どんな些細な通知でもブルッと震えて存在を知らしめてくる。最高のデザインはそれ自体を存在しないもののように感じさせてくれるという。そう考えるとバイブレーション機能はiPhoneの価値を損ねていたと言わざるを得ないだろう。

Touch IDがない

僕は元々touch IDのないiPhone 5からの移行だったので特に違和感はないが、iPhone 5S以降から乗り換える場合、これには少したじろぐかもしれない。昔ながらのパスコード認証でログインするしかない。

しかし、セキュリティのため本当にに大切なことは何だろうか?それは端末を扱う個人の意識だ。たとえtouch IDに守られていたとしても、ロックを解除したまま放置したりスクリーンショットで個人情報をネットに流したりすれば元も子もない。
iPod touchはロック解除のたびにこの昔ながらのパスコードを入力させることで、セキュリティ意識の大切さを思い出させてくれる。

電池の残量%表示がない

電池アイコンのざっくりした表示しかない。なぜないのかは謎だが、別にiPhoneでも100%だと思って使ってたらいきなり70%になってたり、残り1%でも意外と使えたりと元来頼りにならないので、実際そんなに変わらない。
数字を心配しなくても、iPod touchの電池はやがて必ず切れる。形ある物はいつか滅びる。些細なことにとらわれず今を生きることの大切さを、iPod touchの電池は教えてくれるのではないだろうか。

上のスピーカーがない

これが一番の衝撃だった。LINEで通話しようと耳に当てたら下のスピーカーから音が漏れている。アレ〜?スピーカーフォンに切り替わっちゃったかな?と思ってよく見たらそもそも耳に当てるところに音が出る穴がない。多分普通の人は買う前に気づく。
下のスピーカーから音が漏れて周りに聞こえることが気になるならイヤフォンを刺せばいい。

ちなみにスピーカーは下に、マイクはなぜか上(裏面カメラの隣)についているため、耳にあてる際は逆さまに構えるのが一番合理的ということになる。本を逆さまにして読んでる人みたいでなんとなくバカっぽいが、見た目にとらわれず本質を掴むことの重要性を、iPod touchは教えてくれているのだろう。

GPSがない

これも見た目からはわからないので予想外だった。外を歩いているときは基本迷っている僕には大きな誤算だ。
とはいえ、周囲のWi-Fiの位置からだいたいの場所を推測してくれるというありがたい機能があるので、Wi-Fiをオンにしていればざっくりとした場所は教えてくれる。ただ向いている方角ばかりはわからない。

思えばスマートフォンのマップアプリによって、スマホが無ければ自分が今どこにいてどこに向かっているのかも分からなくなってしまう人が増えたように思うのは僕だけだろうか。(僕は元からそうだ)
周りに流されず、自分の向かうべき方向を自分自身で決めることの大切さをiPod touchは我々に教えてくれているのかもしれない。

外付けのGPSみたいなのも売ってはいるが、微妙に高いので買わない。

明るさが自動で変わらない

iPhoneの場合外の明るさに合わせて画面の明るさを適当に調整してくれるが、iPod touchでは自分で変えないといけない。これは地味な違いだ。実際無くてもそこまで困らない。眩しいなと思ったらコントロールセンターをヒュッと引き出して調節すればいい。

以上です

だいたいこんなもんだ。たいていの不便は精神論でごまかせることがお分かりいただけただろう。


2016年5月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です